こんばんは、

本当に当たる重賞レース競馬予想、管理人です。

 

 

 

今日は、日経新春杯の過去データを簡単に

まとめたので是非っチェックしてください!

 

 

 

まずは、人気馬実績から

人気別実績
人気 1着 構成 1-2着 構成 1-3着 構成
1人気 1 10.00% 4 20.00% 6 20.00%
2人気 4 40.00% 5 25.00% 5 16.70%
3人気 1 10.00% 4 20.00% 4 13.30%
4人気 0 0.00% 1 5.00% 4 13.30%
1~4人気 6 60.00% 14 70.00% 19 63.30%
5~9人気 2 20.00% 3 15.00% 6 20.00%
10人気以下 2 20.00% 3 15.00% 5 16.70%

 

 

 

ポイントはやはり、

2番人気の馬が好調でついで連対立で1番人気が非常に優秀な結果を

収めているのがわかります。

1~4番人気の馬に関しては安定的に馬券に絡むことができているレース

なので堅めの馬券、券種を購入しておいても損ではないと判断します。

 

 

 

 

 

続きましては、年齢別実績にです。

年齢別実績
年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
4歳 5- 3- 4- 19/ 31 16.10% 25.80% 38.70% 150 109
5歳 2- 5- 1- 23/ 31 6.50% 22.60% 25.80% 31 56
6歳 0- 0- 2- 19/ 21 0.00% 0.00% 9.50% 0 36
7歳 1- 1- 0- 25/ 27 3.70% 7.40% 7.40% 25 16
8歳 0- 0- 0- 13/ 13 0.00% 0.00% 0.00% 0 0

 

 

 

ポイントはやはり、

4歳馬中心のレース展開になることが多い傾向だということです。

次いで5歳馬が健闘し連対立も非常に優秀だということがわかります。

やはり2,400mということもあり、「強心臓」、「スタミナ十分」な馬で

ないと非常に難しくなるということですね!

 

 

 

 

続いては、脚質別実績です。

脚質別実績
脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
逃げ 2- 0- 1- 8/ 11 18.20% 18.20% 27.30% 341 237
先行 1- 3- 3- 28/ 35 2.90% 11.40% 20.00% 9 38
差し 7- 4- 5- 33/ 49 14.30% 22.40% 32.70% 124 127
追込 0- 3- 1- 43/ 47 0.00% 6.40% 8.50% 0 22
マクリ 0- 0- 0- 1/ 1 0.00% 0.00% 0.00% 0 0

 

 

 

ポイントは、

差し馬が有利な展開なレースであることを指していると思います。

逃げ馬も活躍していますが、比較的レース数などを考えれば

差し馬の実績が高いので、もし馬券購入をする際に差し馬と逃げ馬で

迷ったら差し馬6:逃げ馬4位の割合で勝負してもいいかもしれません。

 

 

 

 

続いては枠番実績です!

枠番別実績
枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
1枠 3- 1- 0-11/15 20.00% 26.70% 26.70% 220 78
2枠 1- 0- 2-12/15 6.70% 6.70% 20.00% 80 66
3枠 2- 1- 1-11/15 13.30% 20.00% 26.70% 65 83
4枠 1- 2- 2-11/16 6.30% 18.80% 31.30% 33 55
5枠 1- 0- 2-17/20 5.00% 5.00% 15.00% 172 84
6枠 1- 3- 0-16/20 5.00% 20.00% 20.00% 16 35
7枠 0- 1- 2-18/21 0.00% 4.80% 14.30% 0 103
8枠 1- 2- 1-17/21 4.80% 14.30% 19.00% 18 115

 

 

 

こちらもポイントとしては、

内枠が有利と言うことを指しております。

京都、外、右回りのコースは大体800m付近で坂がありますが、そこを下れば

あとは、平坦な道が続きますので内枠で前走、前々走2,000m以上のコースを走り、

上位に来ている馬は軽視してはダメだと思います。

 

 

 

 

有力馬などに関しては、ある程度めぼしをつけていますが、

枠、馬番が決まらない事には予想ができないので(特にこのレースは)

明日の発表を待って予想を行っていきますので

こまめにblogをチェックして貰えると嬉しいです。

 

 

 

 

それでは、本日も最後までお付き合い頂きありがとうございます。